feeling heart to

ファッションとかアニメとか雑記

UNIQLO ブロックテックモッズコート [気になるモノ]

f:id:petio:20181013233808j:plain

www.uniqlo.com

 

ここ数日UNIQLOばかりですが。

特に意識して入れ込んでいるという事はなく。。偶然続いているだけです。

私は一日の始まりから終わりの内にインプットした情報を整理して、

その中から気になったモノ、コトを記事に書きます。

  • 記事を書く→情報収集→ネットストアを見て回ってしまう→記事のネタとは無関係だが気になる商品を見つける→今ココ!

このような経緯で今に至ります。

特にやましい事ではないので言い訳する必要もないと思いますが、どうにも臆病なもので。。

気を取り直してモノのご紹介に戻ります。

f:id:petio:20181013234934j:plain

www.uniqlo.com

UNIQLOの機能素材「ブロックテック」を使用したモッズコートです。

ブロックテックモッズコート自体は、昨年のUNIQLO U 2017年秋冬コレクションでラインナップに登場していました。

ただ、オーバーサイズで羽織る事を前提に作られているため、

かなりサイズ感が大きめだったので、ジャストサイズでスッキリと着たい方にはいまいちだった模様です。


昨年と今年のサイズ比較
  • ブロックテックモッズコート(2017)
  S M L XL XXL
着丈 101 103 105 108 109
肩幅 57.5 59 60.5 62.5 64.5
身幅 64 67 70 74 78
袖丈 54 56 57.5 59 59

www.uniqlo.com

  • ブロックテックモッズコート(2018)
  XS S M L XL XXL 3XL 4XL
着丈 93.5 95.5 97.5 99.5 102.5 103.5 104.5 105.5
肩幅 50.5 52 53.5 55 57 59 61 63
身幅 56 59 62 65 69 73 77 81
袖丈 57 57.5 59 61 62.5

www.uniqlo.com 

サイズレンジが異なるので一概には言えませんが、両者を比較すると2017年版のSサイズ≒2018年版のLサイズがほぼ一致します。

2017年版の袖丈のみ、各サイズの標準的な数値といった感じです。

また、2018年版は前年に比べてサイズ展開が大幅に増え、サイズ間の実寸も細かく増減するようになりました。

より幅広い層に受け入れられるように改良を加えたといった印象ですね。

 

ディティー

f:id:petio:20181014001949j:plain

www.uniqlo.com

f:id:petio:20181014001959j:plain

www.uniqlo.com

着用画像でも、シルエットはスッキリとした印象です。

腰回りと裾のドローコードが省略されているのが大きな違いですね。

[2018/10/14 02:23 修正] 腰回りのドローコードは内側に搭載されています。

省略されたのは裾のドローコードのみでした、失礼しました。

サイズ表でも確認出来ますが、着丈も少し短くなっています。

 

全体的に昨年よりも「お利口な」出来栄えです。

モッズコート(モッズパーカーと呼びたい)の出自を考えると2017年版のディティールがオリジナルに近いと思いますが、実用性を考慮すると2018年版の方に軍配が挙がると思います。

どちらが優れているというよりは、何を求めるかですね。

今年の冬の始まりあたりに遠出する予定があるのですが、このコートが便利に活躍してくれそうな予感がします。(まだ購入していませんが。。)

 

ブログランキングに参加しました。クリックして頂けると励みになります。

今日の一曲


ポルノグラフィティ 『アポロ』("OPEN MUSIC CABINET"LIVE IN SAITAMA SUPER ARENA 2007")